さるぼぼコインの仕組みやメリット

さるぼぼコインって何でしょうか?

そんな仮想通貨が出てきたのでしょうか?

どうやらブロックチェーンのシステムを利用した通貨のようです。

どんな仕組みがあり、どんなメリットなどがあるのか、まとめてみました。

さるぼぼコインとは?

仮想通貨のリスク

出典:https://www.hidashin.co.jp/coin/

飛騨地域限定で使用が出来る電子通貨というのが、さるぼぼコインなのですが、

さるぼぼって何に? ですよね。

 

さるぼぼとは、飛騨地方で昔からある人形で、「さる=猿、ぼぼ=赤ちゃん」と言う意味があります。

 

そしてそのさるぼぼを公式キャラクターとしている飛騨信用組合(ひだしん)が発行する電子通貨なので、「さるぼぼコイン」という名前がついています。

実は日本初金融機関発行の電子通貨ということで、全国的にも注目を浴びています。

 

ビットコインなど仮想通貨とはまた仕組みなどは違ってきます。

仮想通貨というよりも、電子通貨(電子マネー)的な使い方になってきます。

 

でもブロックチェーンのシステムは使われていて、地方創生、地方活性化に今後期待される企画です。

 

電子マネーのような感じとは言いましたが、それは投資とか世界中で送金が出来るという機能がないということで、使用感としては仮想通貨の様に手軽に誰でも使えるので、とても便利になりそうです。

さるぼぼコインの仕組み

仮想通貨のリスク

出典:https://www.hidashin.co.jp/coin/

さるぼぼコインの仕組みは単純かと思います。

ブロックチェーンのメリットですよね。

 

仮想通貨というと分散型での管理が特徴ですが、さるぼぼコインは「ひだしん」が発行して管理してますので中央集権型ですね。

 

価格の変動もありません。

1コイン=1円、の価値をひだしんが補償します。

 

ビットコインで言えばウォレットにあたる、さるぼぼコインのアプリをダウンロードして、それに現金をチャージすることでさるぼぼコインとして利用ができます。

 

詳しくは次の項で書いていきますね。

さるぼぼコインのメリット・デメリット

仮想通貨のリスク

出典:https://www.hidashin.co.jp/coin/

デメリット

さるぼぼコインのメリットですが、個人的には正直一般市民にとってまだそのメリットは感じづらいのではないかというのが本音です。

 

利用方法としては支払いとしての利用です。

支払い時にはアプリを起動し(パスワードの入力、またはロック解除の別の方法などが必要)支払いに必要なコインを入力して、お店の人に確認してもらい、送金といった形になります。

 

おそらく、仮想通貨に対してもほとんど知識がない市民の人たちからしたら、ちょっと手間に感じるかと思います。

現金でサッと支払った方が早いですからね。

 

まだ立ち上がったばかりのさるぼぼコインなので、利便性の低さが気になります。

チャージ方法ですね、これについては次の項で書きます。

 

チャージしたコインに失効期限がある。

これがちょっと一般ユーザーから受けが悪いです。

1万円分チャージして、
期限内に使わなければそのコインは失効しちゃうって、
考えられないですもんね。

期間内にはまず使うだろうって話ですが、
まだ導入初期の今は、ユーザーが導入する壁にしかならないです。

ユーザー側からしたらデメリットしかない仕様ですからね。

 

でもこの失効期限を延ばす裏ワザがあるんですよ!

新機能でユーザー間での送金が出来るようになりました。
※ひだしんの口座が必要。

Aさん ⇒ Bさん
へと、さるぼぼコインを送ります。

これで失効期限がリセットされます。

そして、
Bさん ⇒ Aさん
へと、返せばいいんです。

メリット

もちろんメリットがあるからこそ誕生してます。

高山市や、「君の名は。」の聖地として一躍有名になった飛騨市には、海外からの旅行客が非常に多いです。

高山市を歩けば沢山の外国人見かけます。

 

外国人が飛騨地域で買い物するときに支払いの簡素化につながります。

特に欧米人は滞在時間が長いという傾向があるそうで、そういった滞在期間がながい旅行客の利用に期待が集まっています。

 

現時点では企業や商店側のメリットが強く感じますね。

クレジットカードでの支払いに対応しているお店は多いですが、店舗側がその手数料を負担しています。

でもさるぼぼコインでの支払いになれば、手数料がかなり抑えられるんですね。

 

仕入れの支払いだとより有難いですね。

多額になればそれだけ手数料支払う額も大きくなります。

でもそれも、さるぼぼコインでの支払いに対応すれば手数料が0.5%で済みます。

 

しかも送金スピードが速いですので、送金されたらすぐさま現金化にすることも可能です。

追記:現金化は別かもしれないです。
基本ユーザーは現金化できません。
するのに手数料とか条件が必要。

 

また店舗側がさるぼぼコインを導入するのに、端末などを購入する必要もありません。

QRコードを表示させておけばいいだけです。

 

もっともっと普及率が上がって、飛騨地域のほとんどの企業・店舗がさるぼぼコイン加盟店になれば、振込などがとても便利になります。

そうなれば、振込手数料が格安になるので、ほとんどがさるぼぼコインでの支払いになる将来が想像されますね。

 

給料振り込みだってさるぼぼコインになっちゃいますね。

さるぼぼコインの使い方

さるぼぼコインの使い方はとても簡単です。

さるぼぼコインアプリをダウンロード

まずスマートフォンは有りきになってしまいますが、さるぼぼコインの専用アプリをダウンロードします。

Googleplayからのダウンロード

App Storeからのダウンロード

さるぼぼコインをチャージ

さるぼぼコインを1コイン=1円でチャージします。

チャージすると、プレミアムポイントがつくのでお得ですね。

 

ただチャージするには、「ひだしん」まで行かなくちゃいけないんです。

窓口でします。

それが面倒に感じるところですね。

 

でも今後、クレジットカードやひだしんの通帳からチャージできるようになる予定です。

そうなれば自宅にいながらチャージができるので、かなり利用者も増えるかと思います。

 

支払い方法

お店で支払い時にアプリを起動し、QRコードを読み取ります。

そして支払いに必要なコインを入れ、その額が合っているかをお店の人に確認してもらいます。

そして送金するだけで、支払いは完了です。

 

もし足りなければ、足りない分を現金などで支払うことができます。

さるぼぼコイン加盟店は?

仮想通貨のリスク

出典:https://www.hidashin.co.jp/coin/

さるぼぼコインの加盟店は現在増えつつあります。

もっともっと普及するには、もう少し さるぼぼコインを使うことのメリットを分かりやすく伝えることが必要かなと感じますね。

高齢化が進む地方でもありますので、こういったものに年配の方々は理解しがたいものです。

 

でも人口の半分以上を占めるので、そこの利用者が増えないと、加盟店側もメリットが出てきません。

 

加盟店はアプリで検索できます。

また公式サイトからも確認できます。

さるぼぼコイン公式サイト

 

今回は息抜き的な記事でした。

仮想通貨をお得に始める方法を公開してますので、是非読んでくださいね。
仮想通貨のやり方、お得に始める方法!

まずは無料で仮想通貨の投資を始めてみませんか?
リスク0で開始です!
ビットコインを入手するなら無料配布を利用!

今期間限定で、

●仮想通貨の基礎知識
●仮想通貨を無料でお得に始められる方法
●無料でビットコインが手に入る方法

をまとめた、無料レポートをプレゼントしています。
期間限定なので、お早めに手に入れて下さいね。
以下の画像をクリックしていただければ、お受け取り頂けます。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のリスク

さるぼぼコイン、口座からチャージ可能に