【コインチェック事件】仮想通貨のリスク管理大丈夫?

今一度、仮想通貨のリスクをちゃんと把握し、リスクヘッジをしなくちゃいけないです。

2018年1月26日

仮想通貨取引所であるコインチェックで580億円相当の仮想通貨が不正に送金される事件が発生しました。

これを受けて、仮想通貨のリスクに関して知識がないまま投資を行っている人が多いんだなと感じました。

今回はリスクを回避、軽減する方法を頭に叩き込んでいきましょう!

重要ですよ!

仮想通貨にはどんなリスクがあるのか。

仮想通貨のリスク

仮想通貨に限らず、どんなことでもリスクというものは付き物だと僕は思っています。

例えば、小売業でも売れると信じて仕入れを沢山しても、絶対に売れる保証はないですよね。

稼ぐことには、何かしらリスクがあるんです。

 

で今回コインチェックで起きた事件はあまりにも規模が大きいです。

2014年に起きたマウントゴックス事件では、当時のレートで約115億円のビットコインが不正により盗難に遭いました。

それと比べると5倍の額ですから、大変なことです。

どこに問題があるのか

仮想通貨のリスク

ここで間違えたくないのが、仮想通貨(ブロックチェーン)自体は素晴らしいということ。

将来的にも時代が変わる大革命的な発明です。

 

問題はそれを取引する所、つまり取引所です。

 

仮想通貨を取引するにはインターネットにつなぐ必要があります。

それ故に生まれるリスクを取引所がしっかり対策出来てないんです。

 

仮想通貨のリスク

仮想通貨のリスク

仮想通貨にはどんなリスクがあるのか見てみましょう。

 

  • 取引所がハッカーに攻撃されて、不正に仮想通貨が引き出される。
  • 取引所内部の不正。
  • 投資の場合、ボラリティ(価格の変動)が大きいので、やり方によっては大損をする。

 

細かいところを見れば他にもあるのかもしれません。

とりあえず上記の3つは基本ですね。

 

仮想通貨を楽しむ為にも、上記のリスクを理解したうえで始めるべきです。

そして大事なのが、そのリスクを回避するための対策を怠らないこと。

リスクを回避するためにすべきこと

仮想通貨のリスク
  • 取引所がハッカーに攻撃されて、不正に仮想通貨が引き出される。
  • 取引所内部の不正。
  • 投資の場合、ボラリティ(価格の変動)が大きいので、やり方によっては大損をする。

「取引所がハッカーに攻撃される」と「内部不正」は、取引所でもしっかり対策していただきたいことですが、

個人レベルでも、そのリスクに対して対策をしましょう。

順にどのように対策をすればいいのか解説しますね。

 

取引所のハッカー対策

仮想通貨のリスク

取引所はハッカーに狙われる可能性があると、常に理解しておきましょう。

仮想通貨を購入したら、取引所のウォレットに置いたままにしないことです。

 

今回のコインチェック事件でも、NEMという仮想通貨の管理がホットウォレット(オンライン管理)だったそうです。

インターネットに常時繋がってるので、常にハッカーの危険にさらされてたということです。

取引所の管理を信用しすぎないで、

仮想通貨は自己管理することを徹底したほうがいいですね。

 

コールドウォレット(オフライン管理)を用意して、そちらに仮想通貨を移して管理しましょう。

ウォレットに関しましてはこちらの記事を参考にして下さい。
「仮想通貨の保管方法5つのウォレット」

 

【まとめ】

  • 仮想通貨を取引所に置きっぱなしにしない。
  • コールドウォレットで自己管理。

 

取引所の内部不正

仮想通貨のリスク

ハッカーは外部からの不正です。

内部不正は取引所での問題ですね。

 

先述した、コールドウォレットで自己管理することは、このリスク対策にも必要です。

しかし、その前にできることがあります。

 

利用する取引所を選ぶときに、その取引所の内部不正対策が出来てるかを確認することです。

 

どんな対策があるかと言うと、「マルチシグネチャ」です。

仮想通貨のリスク

出典:https://coin.z.com

上記はGMOコインの内部不正対策のセキュリティーです。

仮想通貨を送金したりするのに、複数人からの承認がないと行えないシステムになっております。

これにより一部の人が不正を働いても、みんなから承認が得られないので、不正を働くことが出来ないんですね。

こういったセキュリティ対策がしっかり整った取引所や販売所を選ぶことです。

【まとめ】

  • 利用する取引所や販売所の、内部不正対策を確認する。
    「マルチシグネチャ」という方法がある。
  • コールドウォレットでの自己管理

 

投資のリスク管理

仮想通貨のリスク

投資をして、資産を増やすことが楽しめるのも仮想通貨の特徴です。

大きく儲ける人もいますよね。

でも一発で大きく当てようとすると、そのリスクは何倍にも膨れ上がります。

 

ハイリスク、ハイリターンですよね。

 

僕はプロではないですが、ここは基本ですよね。

投資は余剰資金で行うべきです。

 

投資する元金が無くなったら、生活に支障がでるようではいけません。

 

徐々に積み立ての様に、毎月1万円とか5000円とかで、投資を楽しむべきですね。
仮想通貨の積立投資はzaif?ビットフライヤー?

仮想通貨はボラリティが大きいので、少額でも大きく利益を出すことも可能です。

そこを無理なく狙ってみるのが面白いですし、堅実にビットコインやイーサリアム、リップル辺りを狙うのもいいかと思います。

 

また、ビットコインを無料で手に入れる方法もありますので、是非GETしてくださいね。
ビットコインを入手するなら無料配布を利用!

 

仮想通貨のリスク

ただ投資に「絶対」はないので、自己責任になります。

暴落するリスクもあることをしっかり頭に入れた投資額で行ってください。

 

何でもかんでも投資しない。

その仮想通貨がどういったものなのか、世界中の人に必要とされる価値のあるものなのか、ちゃんと調べましょう。

 

自分が何に投資するのかを把握しないで、好き勝手に何でも投資してしまえば痛い目に遭います。

仮想通貨は現在1000種類以上が存在しています。

やはりその中には詐欺コインも多くあります。
仮想通貨は詐欺だと恐れている人へ

 

そういったものに引っかからない為にも、どんな仮想通貨なのかの情報を調べて下さい。

 

また、信頼できる取引所や販売所で取り扱っている仮想通貨から選ぶことも一つの方法です。

訳の分からない、怪しい仮想通貨を取り扱うことはしないですからね。

こちらの記事も読んでいただきたいです。
仮想通貨は危険だから辞めたほうがいい?

【まとめ】

  • 余剰資金で投資する。
  • 投資したい仮想通貨の情報を手に入れる。
  • 取引所や販売所で取り扱う仮想通貨から選ぶのも一つの方法。

最後に

今回のコインチェック事件を目のあたりにして、もう一つ思ったののが、避難場所を作っておくことも大事だと思いました。

僕も1万円分程の仮想通貨(3銘柄)ですが、2018年1月現在は送金も換金して出金もできない状態です。

コインチェックで停止されているので。

NEMが盗まれるという直接の被害は受けてないですが、僕の仮想通貨がこの先どうなるのかはまだわかりません。

 

こういった取引所で問題が起きるとき、ヤバそうな情報が入ってくるかと思います。

その時に即座に別の取引所に避難させることが出来るといいです。

 

その為に自分が持っている仮想通貨の銘柄が取り扱える取引所や販売所を2つ以上登録しておくといいですね。

今期間限定で、

●仮想通貨の基礎知識
●仮想通貨を無料でお得に始められる方法
●無料でビットコインが手に入る方法

をまとめた、無料レポートをプレゼントしています。
期間限定なので、お早めに手に入れて下さいね。
以下の画像をクリックしていただければ、お受け取り頂けます。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のリスク

ビットコインはどこで買うのか?無料で貰う方法も

仮想通貨のリスク

ビットコイン取引所の比較、あんまり意味ないかも

仮想通貨のリスク

仮想通貨の将来性、ネムやリップル、草コイン達の行方

仮想通貨のリスク

仮想通貨の積立投資はzaif?ビットフライヤー?

仮想通貨のリスク

バイナンスの無料登録方法、日本語無対応でも簡単

仮想通貨のリスク

アルトコインとは?投資に将来性はあるの?