仮想通貨リップルの将来性

仮想通貨はビットコインの他にアルトコインがありますね。

その種類は1000以上はあると言います。

その中でも注目のアルトコインと言えば、「リップル」です。

リップルとはどんな仮想通貨なのか、どんな将来性があるのか。

そしてリップルを購入するお勧めの取引所・販売所は。

リップルについてまとめました。

仮想通貨リップルとは?その将来性とは?

仮想通貨のリスク

仮想通貨に投資するとき、どの仮想通貨にするかを見極める必要がありますよね。

もちろん単純に言えば価格が上がるものがいいわけです。

その時に見るのが「ファンダメンタル」です。

ファンダメンタルを見るとは、投資先の会社の業績だったり、経済活動、要は将来的に価値があることをしている会社なのかを見ることです。

 

そしてリップルはファンダメンタル的にとても将来性のある企業なんです。

仮想通貨に通ずる先見の目のある人達の中では、もうかなり期待されており、アルトコインの中でも1位2位を争う投資するべき仮想通貨だと人気を集めています。

では、リップルのどんな特徴に将来性があるのか見てみましょう。

送金スピードと手数料の安さが圧倒的

仮想通貨のリスク

リップルの最大の特徴で、みんなに価値があると認められているのが「送金スピード」です。

リップルは、決済や送金を目的に、ブロックチェーン技術を基に開発されたシステムなのですが、その利便性が他の仮想通貨と比べ圧倒的なんですね。

 

どんな時にその利便性や価値が感じられるかと言うと、海外送金のときです。

通常海外送金をするとなると、銀行を経由して送金するため、場合によってはかなりの手数料が掛かります。

また送金してから着金するまでの時間も長いです。

最悪の場合、送金して着金するまでの間で、そのお金が紛失するなんてこともあります。

今までは、そんなリスクなどを覚悟の上で海外に送金するのが当たり前だったんですね。

 

しかし、その問題をすべて解決することが出来るのがリップルの特徴なんです。

 

海外送金をすることがない人にとっては、あまり感じにくい特徴ですよね。

でも、このリップル特徴に対して強く将来性を感じて評価している大企業が沢山あります。

その中で、だれでも知っているだろう大企業があります。

「Google」です。

Googleはリップルに出資しているんです。

 

他には、日本ではSBIホールディングスが出資しています。

三菱東京UFJ銀行がリップルの技術を利用することも明言していて、今後の実用化が勧められています。

ビットコインとの比較

「送金スピード」と「手数料の安さ」で言えば、ビットコインもそのような特徴がありますよね。

仮想通貨のリスク

出典:https://coincheck.com

先ほどもお伝えしましたが、今までの銀行を経由しての送金ですと、時間は1~2週間。

ネット銀行を活用しても3~5日間かかっています。

 

ビットコインはというと、10分~1時間という時間で送金が出来てしまうんですね。

手数料も数円で出来ちゃいます。

 

ところが、最近はビットコインの利用者も増えてきてます。

キャパシティが足りなくなってきている状態なんですね。

仮想通貨のリスク

ビットコインでも数日間の時間がかかることもしばしばで、時間を短縮しようと思うと、その分手数料が高くなってきます。

送金手数料を上げることで、優先的にマイニングをしてもらえるために、送金時間が早くなるんです。

それでも最短で10分です。

仮想通貨「マイニングの仕組み」4つのポイント

 

では、リップルはどうかというと、

たったの「4秒」で送金が完了します。

 

圧倒的…

 

これがリップルの潜在能力です。

 

実際には、ネットワークの込み具合などで誤差はでますが、それはビットコインでも同じこと。

同じ条件でも、早く送金が出来るのがリップルなんですね。

 

実験された方の結果を見ても1分で着金したという報告があります。

それでもビットコインの最短よりも10分の一の速さです。

仮想通貨のリスク

ビットコインの限界が露呈されてきたんです。

どんなものでもそうですが、一番最初にできたものと最新のものと比べたらその機能などの差は歴然ですよね。

すでにビットコインがあって、それよりも劣るものをわざわざ作っても、だれも必要性を感じてくれるわけがありませんからね。

 

人はより良いものに価値を感じることは当たり前ですから。

 

とはいえビットコインはまだまだ勢いは続きそうです。

僕たちの生活の中に入ってくるよりも、金(ゴールド)のような立ち位置になるんじゃないかという声も出てきています。

 

少し話が反れました。

 

手数料に関しても、リップルはビットコインの1000分の一以下と言われています。

価格が変動するので、日本円にしていくらかという固定額は出ませんが、安く早く送金できるのがリップルです。

リップルのリスク

仮想通貨のリスク

リップルの良さばかりをお伝えしてきましたが、リスクを知っておくことも大事。

 

リップルのリスクと言えば、中央集権に近いということです。

ビットコインなどは、特定の管理者が存在するのではなく、ネットワークに参加するみんなが管理するような、分散型です。

 

リップルコインの多くをリップル社自信が多く保有しています。

つまりリップル社に依存性があるんですね。

リップル社がしっかりした、信頼できる企業であることが前提での投資になります。

 

リップル社からの発表では、保有しているリップルコインを徐々に売却していくと言っています。

下記の「リップルの購入はこちら」の項の冒頭で、リップルの価格が上がるであろう理由を書いています。

でもリップル社が保有するコインの売却の仕方によっては需要と供給のバランスがどのように動くのかは予測できません。

 

今後価格が上がっていく仮想通貨だと、僕も含め多くの人が感じていますが、そういったリスクから、上がらないかもしれないといった両方の面から観察しておくことが必要ですね。

リップルの購入はこちら

仮想通貨のリスク

出典:https://ripple.com/

リップルの発行上限は1000億枚です。

そして既にマイニングは終わっていて、全1000億枚が発行済みです。

 

これから何が読み取れるかと言うと、今後リップルの価格があがる可能性が凄く高いということです。

もちろん絶対とは言えません。

投資は自己責任でするものです。

 

でも既に上限の1000億枚が発行されているということは、これから先は需要は増えるのに供給が増えない。

これは価格が上がるであろう最大の理由になりますね。

 

僕はリップルの将来性にとても魅力を感じてますので、無理なく楽しく投資しています。

利益が上がるのもですが、リップルが浸透していくのかどうか今後どうなるのか楽しみです。

 

前置きが長くなりましたが、初心者がリップルを購入するのにおすすめの取引所・販売所を紹介しますね。

 

リップルの取り扱いが合って、初心者におすすめなのは「GMOコイン」ですね。

仮想通貨のリスク

出典:https://coin.z.com

こちらは販売所になります。

取引はユーザー間で売買しますが、販売所はユーザーと販売所との間で売買します。

 

販売所だと買い物する感覚でできるので、簡単。

取引より割高にはなりますが、最初は「GMOコイン」でリップルや仮想通貨の感覚を試してみるといいですよ。

シンプルで、凄く見やすい公式サイトです。

こちらの記事を参考にして下さいね。
ビットコインはGMOで簡単に購入。無料でコインGETも。

今期間限定で、

●仮想通貨の基礎知識
●仮想通貨を無料でお得に始められる方法
●無料でビットコインが手に入る方法

をまとめた、無料レポートをプレゼントしています。
期間限定なので、お早めに手に入れて下さいね。
以下の画像をクリックしていただければ、お受け取り頂けます。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のリスク

リップルの始め方、お得で安全な手順です。

仮想通貨のリスク

リップル取り扱い国内取引所はどこがいいのか

仮想通貨のリスク

リップルの買い方、ビットフライヤーでの取り扱いは?

仮想通貨のリスク

リップルはビットバンクがおすすめ、買い方は?

仮想通貨のリスク

リップルウォレットアプリ「toast wallet」の使い方

仮想通貨のリスク

リップルペーパーウォレットの作り方・使い方