仮想通貨おすすめ銘柄と選び方

仮想通貨には1000種類以上の銘柄があります。

今後どの銘柄が、何十倍、何百倍と価格が高騰するのかは誰にもわかりません。

しかし、その可能性を秘めている仮想通貨がきっとあるはず。

そう信じて購入をしたいですが、見当もつきませんよね。

今回は、将来有望な仮想通貨の銘柄をピックアップしてみました。

仮想通貨おすすめ銘柄はこれ

仮想通貨のリスク

その将来性に現在注目を浴びていて、おすすめ出来る銘柄を紹介します。

ですが、あくまで注目を浴びている銘柄であって、これが必ず高騰するのかと言ったら、それは誰にもわかりません。

 

でも、その銘柄たちの機能には期待できる将来性があり、価値を感じる人が多くいるのは確か。

投資するかどうか自己責任ですが、参考にしていただければと思います。

 

トロン/TRON

単位:TRX

スマートフォンに欠かせない機能として、僕たちがよくダウンロードする「アプリ」がありますよね。

これって、いろんな人が開発して提供してくれてるのですが、提供するのにiPhoneであれば「apple」、androidであれば「Google」を介する必要があります。

その為に、開発者は仲介料である手数料を支払わなければなりません。

それを解消できる機能として、トロンのシステムが期待されています。

直接、開発者とユーザーが取引できるので、誰でもアプリやソフトなどを売買できるようになります。

仲介料が無いので、価格の高騰も防げます。

 

ジーキャッシュ/Zcash

単位:ZEC

ジーキャッシュの特徴と言えば、匿名性の高さです。

 

ビットコインの場合ですと、世界中に取引記録を誰もが見ることができます。

皆に見られてしまうので、悪用ができないと、信頼性があがります。

しかし、デメリットとして自分の取引が他人に見られてしまうという匿名性の低さがあります。

 

そこで、ジーキャッシュは「ゼロ知識証明」と呼ばれるシステムで、取引データーを誰にも公開することなく取引が行えるようにします。

そのため匿名性が高いんですね。

そして取引履歴の追跡が出来ないので、データを悪用することが出来ません。

安全度も確保しています。

 

世界的にも大手な銀行である、「JPモルガン」と提携したことでも話題になり、期待が高まりました。

今後JPモルガンとの関連したイベント等があるのか、注目の的です。

 

リスク/Lisk

単位:LSK

2016年に発行された、まだ若い仮想通貨です。

でも既にその価値は高く認められ、時価総額も上位にランクしています。

 

リスクの特徴は、開発言語が「Java Script」でメジャーな言語だと言うところにあります。

これは、メジャーな言語の為、多くの人が開発に参入できるというメリットがあります。

そうなると、今後リスクのシステムを使ったサービスなどの質や機能の向上がしやすいという期待があります。

 

また「サイドチェーン」というシステムは、処理速度が高くし、安定性を保ちます。

過去にさかのぼり、システムの修正ができるという特徴も注目されています。

 

ファクトム/Factom

単位:FCT

プラットフォームの名前がファクトムで、仮想通貨はファクトイドと呼ばれます。

 

ファクトムの特徴は、文章の管理と、その文章を認証するシステムです。

法人向けなサービスを展開するプラットフォームになります。

契約書等の記録や管理を、第三者の存在が無くても出来ることがとても役に立つと注目されています。

 

ビットコインの課題でもあるスケーラビティ問題、これらを解消できる仮想通貨として産まれ、そのシステムは「ファクトム・ハーモニー」と呼ばれています。

これにより、先ほど挙げた契約書等の管理や、コスト削減、これらをスムーズ行える環境が整います。

 

アメリカでは、住宅ローンのデータ管理をファクトムのシステムで行うことを発表しています。

 

気になる点と言えば、企業など法人向けであること。

つまりそのサービスはビジネス向けであることです。

 

今後大手との提携などがあれば、高騰も期待できそうです。

 

その他にも期待される将来性がある仮想通貨はあります。

今後の動きは分かりませんが、長期的に見れば右肩上がりの変動をする傾向でもあります。

既に有名などころではイーサリアムやリップルですね。

仮想通貨イーサリアムとは?お得に購入するには?

仮想通貨リップルの将来性

 

他には、ネムや純国産の仮想通貨であるモナコインがあります。

コインチェック騒動のネム/NEMはどんな仮想通貨?

仮想通貨モナコインとは?愛されほっこりコイン

仮想通貨の銘柄の選び方

仮想通貨のリスク

いくつかおすすめの銘柄を紹介しました。

それでもまだまだ沢山種類は存在しますよね。

 

初心者に最初おすすめするのは、知識を溜める為にもまずは無難なとこから入るのが良いかと思います。

ビットコインはまだ基軸通貨でもありますし、長期保有を目的として購入すると良いと思います。

 

問題点はありますが、利用度は高いですね。

 

長期で保有しておけば、まだこれから先価格は徐々にでも右肩上がりと予想する人が多いです。

 

少し仮想通貨にも慣れてきたら、今回紹介したようなアルトコインも気になるかと思います。

 

そんな時、どの銘柄を選ぶかは自分の目で確かめることをして下さい。

僕のサイトや、他の人のサイトを参考にしても、最後はあなたの自己判断が大切です。

 

仮想通貨のリスク

そんな時見るのはホワイトペーパーです。
仮想通貨のホワイトペーパーって何ですか?

その仮想通貨がどんな将来を期待できるかが知ることができます。

 

どこかのコピーだったり、中身のない内容だったり、大事なことが書いてなかったり、詐欺的なものも多くあります。

しっかり見極めて、あなたが価値を感じることが出来る仮想通貨を購入しましょう。

 

それから、その時の価格ではないです。

「安いからたくさんの枚数が買える」ではないです。

今後何倍になるかです。

安さだけで飛びつかないでくださいね。
安い仮想通貨が欲しい?その考え、ちょっと危険だよ

 

ともあれ、まずは国内の仮想通貨取引所の登録は必須になります。

無料どころか、お得に始められるので、キャンペーンなどがある今の内に登録しちゃいましょう。
仮想通貨のやり方、お得に始める方法!

ビットコインを入手するなら無料配布を利用!

今期間限定で、

●仮想通貨の基礎知識
●仮想通貨を無料でお得に始められる方法
●無料でビットコインが手に入る方法

をまとめた、無料レポートをプレゼントしています。
期間限定なので、お早めに手に入れて下さいね。
以下の画像をクリックしていただければ、お受け取り頂けます。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のリスク

ビットコインで儲かるのはもう無理かもしれない・・・

仮想通貨のリスク

仮想通貨ダッシュ/DASHとは?取り扱い取引所は?

仮想通貨のリスク

ビットコイン・仮想通貨をクレジットカード購入する?

仮想通貨のリスク

イーサリアムの今後と4つのアップデートとは?

仮想通貨のリスク

アルトコインを安く、賢い買い方とは

仮想通貨のリスク

ビットコインのボラティリティとは?高いといいの?