仮想通貨(ビットコイン)半減期とは?どんな仕組み?

仮想通貨であるビットコインについて、半減期という言葉が出てきます。

それが何か知るには、ある程度ビットコインやその根幹であるブロックチェーンについての仕組みを理解する必要があります。

今回はビットコインの半減期について解説します。

仮想通貨(ビットコイン)の仕組み

仮想通貨のリスク

ではまずは、ビットコインがどのような仕組みで成り立っているのかを、サクッとインプットしましょう。

ブロックチェーン

仮想通貨のリスク

ビットコインはブロックチェーンという、画期的な技術の開発により流通が可能になりました。

ブロックチェーンとは、ビットコインの台帳のようなもので、全ての取引データが刻まれています。

そして全ての仮想通貨の取引データを改ざんなどの不正ができない仕組みが施されていて、一番最初の取引から今最新の取引までがチェーンで繋がれるように関連付けされているんです。

何件かの取引データが格納されたブロックと、また次の何件かの取引データが格納されたブロックがチェーンで繋がれるように、どんどんと一本の鎖状のデータとなっていきます。

仮想通貨のリスク

ブロックチェーンをわかりやすく「仮想通貨が成り立つ理由」

マイニング

仮想通貨のリスク

次にマイニングです。

ブロックチェーンを作り上げて行く作業をすることをマイニングと言い、誰でもマイニングをすることが出来ます。

そしてマイニングを成功させた人には報酬として、新規発行されたビットコインが与えられる仕組みとなっています。

金を掘り当てることに似ていることから、採掘という意味がある「マイニング」と名付けられました。

マイニングをする人たちをマイナーと呼びます。

 

ただ誰でもマイニングが出来ると言いましたが、マイニングをするには高機能なコンピューターが必要で、電気代も掛かる為、一個人で行うには現実的には厳しいところです。

今はマイニングを行う企業団体があり、そこで行われています。

 

マイニングの作業は、世界中で行われたビットコインの取引データが不正などがないか確かめて承認をします。

そして、直前のブロックのデータや現作業中の取引データ、ナンスと呼ばれる非公開データから作り出された数値があり、その数値からブロック同士をつなぎ合わせる為の数字(非公開のナンス)を探し出します。

 

一言でまとめると、ナンスを採掘することがマイニング。

 

それをいち早くできたマイナーが報酬をゲットできる仕組みです。

仮想通貨「マイニングの仕組み」4つのポイント

 

仮想通貨(ビットコイン)の半減期とは

仮想通貨のリスク

マイニングを成功させたマイナーに報酬として、新規発行されるビットコインが与えられます。

しかし、その報酬額はある一定の条件で徐々に半減していくのですね。

 

その報酬額が半減する時期を「半減期」と呼びます。

 

マイニングの作業ですが、約10分で完了する難易度でプログラミングされています。

ですので、約10分ごとに報酬が与えられるので、約10分ごとにビットコインが発行されます。

 

そして半減期が訪れる条件は、ブロックチェーンのブロックが210000個出来上がるごとです。

 

ですので、約10分で1個のブロックが出来上がることから単純に計算すると、約4年に1回訪れることになります。

 

4年ごとにマイニングで与えられる報酬が半減していきます。

仮想通貨のリスク

ビットコインは2009年に誕生し、その頃の報酬額は50BTCでした。

2012年に半減期が訪れ、25BTCに、

次は2016年7月10日に半減期がおとずれて、今は12.5BTCの報酬額となっております。

 

マイニング時間が約10分なので、きっかりと4年ではないのがわかりますね。

半減期がある理由

仮想通貨のリスク

報酬が半減されてしまったら、マイナーたちはマイニングをしなくなってしまうんじゃないかと思いますよね。

でもここがうまくバランスを取られているんですね。

 

インフレが起きにくい仕組みでもあります。

ビットコインは発行上限が2100万枚と当初から決まっています。

ですので、新規発行されるビットコインが半減されていくことで希少価値が上がっていくんですね。

実際に、半減期が近いと価格が上昇します。

 

またマイニングの報酬は取引手数料も含まれています。

 

ですので、半減されても価値が上がっていく仕組みで、マイナーのモチベーションがさがらないと言われています。

コインが全て発行されたらどうなる?

仮想通貨のリスク

1つ疑問がでてきますよね。

ビットコインが上限の2100万枚すべて発行されてしまったどうなるのかです。

 

取引の正当性を検証するマイニングの作業がなければブロックチェーンが組みあがっていきません。

 

でも上限の2100万枚が発行されてしまえば、報酬である新規発行のコインが貰えません。

報酬が取引手数料のみとなってしまいます。

 

ビットコインの魅力は送金などの手数料の安さにあります。

手数料を上げるのでは魅力を下げてしまうと感じます。

 

2100万枚が全て発行されるのは2140年だとされています。

この先どうなるのかはだれも分からないところです。

 

半減していってもビットコインの価値が上がるから、マイナーのモチベーションは下がらないとは言いましたが、実際にはどうなるか分からないのが現状ですよね。

 

素人考えですが、ここまで価格の変動が大きいと決済としてビットコインは使いずらいかと思います。

だってその日その時間で損得が変わってしまうんですから。

店側もビットコインでの値付けが難しいのではと感じるのですが。

 

僕たちの生活にもっと入っていくには、安定が必要かと思います。

その安定がマイナーにとって満足できる額であればいいのかなと思います。

 

「やってらんねぇ」って価格で安定してしまったら、どうなっちゃうんでしょうね。

そのころ僕は生きてないですが…

 

ビットコインを無料で手に入れる方法があります、是非GETしてビットコインを体験してくださいね。
ビットコインを入手するなら無料配布を利用!

今期間限定で、

●仮想通貨の基礎知識
●仮想通貨を無料でお得に始められる方法
●無料でビットコインが手に入る方法

をまとめた、無料レポートをプレゼントしています。
期間限定なので、お早めに手に入れて下さいね。
以下の画像をクリックしていただければ、お受け取り頂けます。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のリスク

ビットコイン何円から買える?

仮想通貨のリスク

ビットコインは副業として適しているのか

仮想通貨のリスク

ビットコインで儲かるのはもう無理かもしれない・・・

仮想通貨のリスク

ビットコイン無料で1700円分入手。その方法は?

仮想通貨のリスク

仮想通貨のデメリットとは?流通するには何が必要か

仮想通貨のリスク

ライトニングネットワークとは、ビットコインはどうなる?