コインチェック騒動のネム/NEMはどんな仮想通貨?

コインチェックの事件で、ネム(NEM)という仮想通貨が話題になりましたね。

「仮想通貨ってビットコインだけじゃないのか」なんて、これで知った人も多くいるんじゃないかと思います。

さて、580億円相当もの盗難にあった仮想通貨ネム(NEM)とはどんな仮想通貨なのでしょうか。

仮想通貨ネム(NEM)とは?

仮想通貨のリスク

出典:https://nem.io/

アルトコインの1つ仮想通貨のネム(NEM)という名前は、NEW Economy Movementの頭文字を取った名前です。

「新しい経済運動」という意味ですね。

 

プロジェクトの目的としては、金銭的な自由、平等、連帯感を基に、新しい経済圏を作るです。

仮想通貨としての単位はXEM。億

ゼムと読みます。

 

その魅了は高く、多くの人が投資しており、価格も1年で300倍以上にも上がりました。

 

そんなネムが狙われるのもうなずけるものです。

コインチェックさんには、「オイ!」といった感じですが。

仮想通貨ネム(NEM)の特徴

仮想通貨のリスク

さて、ネムのどういった特徴に対して、投資家たちは将来性を感じているのでしょうか。

それはビットコインの機能や、対等著しい他のアルトコインの機能を凌ぐ、次世代の仮想通貨として期待されています。

ハーベスティング

仮想通貨のリスク

ネムの特徴としてまず挙げられるのは、「ハーベスティング」です。
意味は収穫。

ビットコインで言うところのマイニングです。

マイニングについてはこちらの記事を参考にして下さい。
仮想通貨「マイニングの仕組み」4つのポイント

 

ネムのマイニングであるハーベスティングは、ビットコインのそれとはちょっと違います。

ビットコインの場合は、マイニングを早い物がちで完了した者に報酬が与えられます。

 

しかしネムのハーベスティングの報酬は平等です。

取引手数料が報酬として与えられます。

 

報酬が平等の為、競うことがなく、高性能コンピューターが必要ということがありません。

ビットコインのマイニングの様に早い者勝ちだと、高性能コンピュータを保持できる大企業などしか報酬が得られないです。

僕らのもっているパソコンじゃ性能的に勝てるわけないですからね。

 

報酬が平等だから誰にでもハーベスティングに参加して、報酬を得ることが可能なんですね。

酸化条件としてはNANOWalletというウォレットに10000XEM以上持っていることです。

 

ハーベスティングの方法は委託になるので、不労所得となるんですね。

報酬を受け取ったときに価格が上がっていれば、それだけ収入としても高くなるってことです。

ハーベスティングの報酬は平等に与えられるので、参加すれば貰えるのです。

 

もし10000XEM所有出来たら、是非ハーベスティングに参加してみて下さい。

ネムが控える大型アップデート(カタパルト)

仮想通貨のリスク

ネムは、大型アップデートをするという予定があるとされています。

そのアップデートが「カタパルト砲」と呼ばれています。

 

Zaifの運営会社であるテックビューロ社とネムとの共同で開発したブロックチェーンがあります。

その名前は「mijin」

それを元にネムをアップデートするんです。

 

リップルを凌ぐ処理速度

仮想通貨のリスク

このアップデートがなされると、ネムは他を凌ぐような情報処理速度を得るとされてるんですね。

 

処理情報速度が速いとされるリップルは1秒に1000件

ネムは1秒に3~4000件が可能になると言われています。

 

ビットコインなんかは、その辺りが問題視されていて、利用者も増えてきたこともあり、送金時間が大幅に掛かるようになってきています。

最短でも10分ですね。

 

リップルは4秒と言われています。

 

だとネムはどれだけなんでしょうかね。

 

イーサリアムの代名詞でもあるスマートコントラクト実装

仮想通貨のリスク

更に、カタパルトによりスマートコントラクトが出来るようになると言われております。

コントラクトとは、契約という意味です。

 

スマートコントラクトによって、契約の自動化が可能になります。

ちょっと理解しづらいとこがあるのですが、
ブロックチェーンがあることで不正が出来ません。

ですので仲介が必要ないんです。

 

例えば、アパートなどを借りるときや家を買う時、不動産屋をとおしますね。

それが必要なくなります。

そういった契約が直にやり取りできます。

 

その分仲介料が削減できますよね。

 

普段僕たちがつかう自動販売機も、コントラクトの自動化がされた機械だと言われています。

スマートコントラクトの考え方自体は昔からあったんですね。

それが今、インターネット上で出来るようになるというわけです。

 

スマートコントラクトを可能にすると将来性が期待されているアルトコインと言えば、
「イーサリアム」です。

現在ではビットコインに次ぐアルトコインです。

 

ビットコインよりも投資対象としていい?

仮想通貨のリスク

ネムのハーベスティングの報酬は、取引手数料とお伝えしましたね。

そしてビットコインのマイニング報酬は、新規発行されるビットコインです。

 

一概には言えませんが、ネムはコインの上限枚数である90億XEMがすでに発行されています。

ですので、報酬は取引手数料だけ。

もうこれ以上XEMが増えることがないんですね。

 

供給がないので、ネムの将来性を感じる人がこのまま増え続けるのであれば、需要がこの先あがるだけです。

供給が増えずに需要だけがあがるということは、価格も上がっていきます。

 

そうなれば、投資として有難いことこの上ないですね。

 

何があるか分からないので、断言はできませんし、投資は自己責任ですよ。

ただ期待は多くの人がしているようですね。

 

NEMを購入するなら、ブロックチェーンを共同開発したテックビューロ社が運営するZaifがおすすめですね。

ビットフライヤーやGMOコインでは取り扱いがないし、コインチェックはやらかしちゃいましたからね。

そもそもコインチェックはアルトコインの手数料が高いです。

 

取引所の登録についてはこちらの記事からどうぞ。
【仮想通貨取引所】初心者におすすめする、鉄板はここ

今期間限定で、

●仮想通貨の基礎知識
●仮想通貨を無料でお得に始められる方法
●無料でビットコインが手に入る方法

をまとめた、無料レポートをプレゼントしています。
期間限定なので、お早めに手に入れて下さいね。
以下の画像をクリックしていただければ、お受け取り頂けます。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のリスク

初心者の為の、仮想通貨勉強サイト

仮想通貨のリスク

ビットコインはGMOで簡単に購入。無料でコインGETも。

仮想通貨のリスク

仮想通貨のicoとは?お宝と詐欺

仮想通貨のリスク

アルトコインとは?投資に将来性はあるの?

仮想通貨のリスク

ビットコインのボラティリティとは?高いといいの?

仮想通貨のリスク

仮想通貨のデメリットとは?流通するには何が必要か