ブロックチェーンをわかりやすく「仮想通貨が成り立つ理由」

仮想通貨を語る上で、ブロックチェーンの仕組みは外せません。

ブロクチェーンがあるからこそ、仮想通貨が流通できるのです。

世界的に大きな革新的なテクノロジーともいわれるブロックチェーンについて理解しやすいい様に簡潔にまとめました。

これを理解することで、よりビットコインなど仮想通貨の凄さが感じられるものへと変わっていきます。

ブロックチェーンをわかりやすく解説

仮想通貨のリスク

ビットコインなど仮想通貨とは、現物がないので実質取引データの集合体なんです。

そしてその取引のデータを安全に管理する仕組みがブロックチェーンです。

 

要は世界中で取引されたデータが書き込まれる、一つの大きな台帳だと思ってください。

 

その取引データが格納されているのがブロックです。

そして、一つのブロックにこれまでのデータ、これからのデータが全て格納されるわけじゃありません。

 

約10分ごとに新しい取引データが格納されたブロックが出来上がります。

 

各ブロックはチェーンで繋がれたように関連していて、一本のデータの鎖状になっていきます。

一番最初の取引データ(ブロック)から、今現在の新し取引データ(ブロック)まで、1本で繋がっています。

約10分ごとにその1本の鎖は長くなっていってるということです。

仮想通貨のリスク

今説明したのは、ブロクチェーンの全体像です。

これだけでは、仮想通貨がブロックチェーンのおかげで流通できている理由は分かりません。

 

次の項で、ブロックチェーンというシステムがなぜ仮想通貨の流通を去り立たせているかを説明しますね。

ブロックチェーンが仮想通貨を成り立たせている

ブロックチェーンは、ブロックとブロックをチェーンで繋いでいるイメージですね。

しかし、そのチェーンで繋ぐ作業が必要です。

その作業のことを「マイニング」といい、マイニングをする人を「マイナー」と呼びます。

マイニング(採掘)とは

ブロックの中には取引データと、直前のブロックのデータ(直前のブロックから出力されたハッシュ値)も入っています。

それから、直前のブロックと新しいブロックをチェーンで繋ぐのに必要なナンスと呼ばれる数字も入っています。

 

しかし、ナンスという数字は、総当たり的に正しい数字を探さなくてはいけません。

ブロック=「取引データ」+「直前のブロックデータ」+「ナンス」

このナンスを探す作業がマイニングです。

 

ナンスが見つかればチェーンで繋ぐことが出来ます。

 

マイナーはこの作業をすることで報酬を得ることができます。

そしてビットコインの取引のマイニング報酬は、新発行されるビットコインです。

金を採掘することになぞらえて、マイニング(採掘)と名付けられています。

 

マイニングは一応僕たち個人でもできますが、高性能のパソコンが必要で、常にパソコンをネットにつなぎ稼働し続けなくてはいけません。

電気代がとてもかかるので、個人が行うことは現実的ではありません。

 

今は、マイナーグループや企業が行っています。

中国は電気代も安く、全体の半数以上を中国の企業が占めています。

直前のブロックデータがあるから、改ざん不正が出来ない

ブロックには直前のブロックのデータが入ってますね。

ですので、一つのブロックを改ざんして不正を働こうとしても、それ以前の全てのブロックも改ざんしないと簡単にバレてしまいます。

全てのブロックが数珠つなぎで関連してますので、改ざんすると繋がらなくなるからです。

 

しかも約10分ごとに新しいブロックが追加されていきます。

とてもじゃないけど、改ざんが追い付きません。

現実的に無理なんですね。

マイニングは取引の正当性の承認作業

マイニングは、ナンスというブロック同士をつなぐための数字を見つけ出す作業だと言いました。

他にも作業があります。

その作業は、仮想通貨の取引が正当なものか承認する作業です。

 

仮想通貨は現物がない通貨です。

データなので、二重に使用したりする不正の恐れがあります。

また、なりすましで他人が使用する恐れもあります。

昔は、これらが問題で仮想通貨が求められていても流通させることが出来ませんでした。

 

でも今は、このブロックチェーンというシステムのおかげで、そういった不正を見抜くことができるので、仮想通貨の流通が成り立っています。

1000円札などの通常の通貨は中央銀行で管理され国が保証してますので、僕たちは信用して使っていますよね。

 

仮想通貨はブロックチェーンのシステムが信用を作っています。

 

ブロックチェーンは1つの大きな台帳だと言いました。

その台帳の管理は、ネットワークに参加している僕たち全員なんです。

誰でも見られるように可視化されているんです。

仮想通貨のリスク

そして、ここまで解説したように、データの改ざんや二重使用などの不正が現実的に無理。

もし集団的に、改ざんなど不正が可能だとしても、仮想通貨の下落が起きます。

不正をして仮想通貨を手に入れても得しないんです。

まともにやった方が得なんです。

 

だからそういった大きな不正をする理由がないんですね。

 

これらが、ブロックチェーンの仕組みになります。

説明しようと思えば、もっと専門的な言葉など詳しくあるのですが、僕たちが理解するにはこれくらいで十分です。

むしろこれくらいに簡潔にした方が理解しやすいですよね。

 

仮想通貨は、不正がほぼ不可能なブロックチェーンというシステムがあるから流通できている。

ブロックチェーンを使った仮想通貨は、地球規模で時代を進化させていてます。

各国がそれぞれ動いています。

今はまだ創成期でしょうか。

 

インターネットやスマートホンが情報伝達などの革命を起こしたように、仮想通貨は金融関係の革命です。

インターネット、スマートホン、仮想通貨を経済変革の3要素だと考えてる人もいるくらい、世界を変える画期的なものなんです。

今期間限定で、

●仮想通貨の基礎知識
●仮想通貨を無料でお得に始められる方法
●無料でビットコインが手に入る方法

をまとめた、無料レポートをプレゼントしています。
期間限定なので、お早めに手に入れて下さいね。
以下の画像をクリックしていただければ、お受け取り頂けます。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。