ビットコイン現物取引のやり方「テイカーとメイカー」

ビットコインの取引をしてみたいけど、そもそもどうやってやるの?

最初に持つ疑問の1つですね。

現物取引って耳にされたかと思います。

ビットコインや仮想通貨の売買そする上で基本的なことになります。

今回はそのやり方を開設します。

ビットコインの現物取引とは

仮想通貨のリスク

現物取引とは簡単に言えば、売られているものをお金を支払い買うことです。

逆にお金をもらい、売ることになります。

これはビットコインでもアルトコインでも同じですね。

普段僕たちがコンビニやスーパーで行っている買い物です。

 

ビットコインが1BTC=100万円で売ってあれば、僕たちは100万円支払うことで1BTCを手に入れることができます。

僕たちが売るときも同じですね。

仮想通貨取引所と販売所の違い

ビットコイン(仮想通貨)の現物取引には取引所と販売所と2つ方法があります。

  • 取引所はユーザー同士との売買
  • 販売所は仲介をしている仮想通貨取引所・販売所との売買

販売所は、既に1BTC=○○円と指定して売りに出しています(買取値段を指定しています)、僕たちはその指定された価格で売買を行います。

※取引所・販売所とややこしいですが、仲介企業と取引するのが販売所と覚えて下さい。
取引所の中にも販売所はあります。
販売所としてしか行ってない仲介企業もあります。(GMOコインとか)

 

取引所は更にテイカー(Taker)メイカー(Maker)2つの方法があります。

テイカー(Taker)

テイカーは成り行き注文とも言います。

「買い板・売り板」というものがあり、その板には多くのユーザーが現在注文している、売りたい仮想通貨の価格と数量が表示されています。

買いたいと注文を出している、価格と数量も表示されています。

仮想通貨のリスク
  • 赤字の「売」というのが、売りたい人の価格と数量
  • 緑字の「買」というのが、買いたい人の価格と数量

そしてテイカーとは、その板に表示されている価格(レート)で売買の注文をする方法です。

数量に関しては、指定できますね。

勘違いしてはいけないのが、表示されてるのはレートであること。

1BTCあたり○○円の価格ですよということ。

表示されてる数量に対しての価格ではないです。

 

例えば分かりやすく、1BTC=10万円のレートで売りに出されていたとします。

そのレートで0.5BTCの買い注文を出します。

すると0.5BTCを5万円で購入することが出来るんですね。

 

売る場合も同様です。

メイカー(Maker)

メイカーは指値注文とも言います。

こちらは、あなたが売買したい値段を指定する方法です。

買い板・売り板にあなたの希望する売買条件が載ります。

 

そしてその条件にマッチングする注文が入れば、売買が成約(約定)します。

 

希望通りの価格での売買ができますが、マッチングする人が表われるまで成約しません。

板に載り続けます。

 

成約しないで載り続けてる注文はキャンセルすることも可能です。

 

例えば、1BTC=120万円のレートで10枚分を売り注文を出したとします。

他のユーザーで、そのレートで買いたいと出てこれば、取引成立です。

5枚買い注文が入れば、1BTC=120万円で5枚を売ることができます。

 

ビットコイン(仮想通貨)現物取引のやり方「取引所」

では、仮想通貨取引所でどのように現物取引をやるのかを説明します。

なお、買い・売り板が見やすいコインチェックを例に説明しますね。

他の取引所でも意味は同じですので置き換えて参考にして下さい。

 

ビットコイン現物取引「テイカーのやり方」

【売りたい場合】

仮想通貨のリスク

あなたがビットコインの売りたい場合、緑字の「買」の部分を見ます。

上にある程高いレートで買うと注文している人です。

 

画像を見ると、1BTC=970,037円のレートで買い注文が入ってますね。

その970,037円の部分をクリックすると、左の注文覧に数字が入ります。

 

そして売りたい数量を入力します。

すると、その数量に対する価格(概算)が表示されます。

仮想通貨のリスク

OKであれば「売り」をクリックしてから、「注文する」をクリックします。

 

 

【買いたい場合】

仮想通貨のリスク

売りたい場合と基本は同じです。

買いたいときは、赤字の「売」というとこを見ます。

下に行くほど、安い価格で売りたいと注文を出している人になります。

 

買いたいと思うレートの価格をクリックします。

すると左の注文覧のレートの部分に数字が入ります。

買いたい数量を入力します。

概算が表示されます。(あなたが支払う金額です。)

そして「買い」をクリックしてから、「注文する」をクリックします。

 

注意点としまして、各取引所によって最低取引枚数があるということです。

仮想通貨のリスク

注文量を0.001BTCとしましたが、コインチェックの最低取引枚数は0.005BTCなので、取引はできませんでした。

 

ビットコイン現物取引「メイカーのやり方」

やり方としてはテイカーと同じなので、簡単に説明しますね。

要は、板に表示されてないレートと数量を、あなた自身で左側にある注文覧に入力します。

そしてテイカーと同じように「売り/買い」をクリックして、「注文する」をクリックします。

 

しかしある程度相場を読んだレートにしないといつまでたっても売買が成立しません。

ハチャメチャな条件(レート)を設定してもダメだということですね。

当たり前ですが、所持金以上の「買い」注文は出来ませんし、所持BTC以上の「売り」注文はできません。

ビットコインを例に説明してきましたが、アルトコインでも同じことですね。

 

ビットコイン(仮想通貨)現物取引のやり方「販売所」

販売所での現物取引はシンプルなので、初心者でも安心して簡単に売買が行えます。

僕も最初は販売所での売買でした。

 

取引所に比べ簡単ですが、既に販売所から指定された価格で売買することになります。

ですので、取引所よりも割高になることがほとんどかと思います。

 

しかしマッチングということがないので、確実にすぐに購入が出来るメリットもあります。

 

こちらの記事で、ビットフライヤーを例に説明してますのでご覧ください。
仮想通貨の買い方と売り方「ビットフライヤー」

 

ビットコイン(仮想通貨)の現物取引は基本ですし、やってみれば意外と簡単ですので、まずは一度やってみて下さいね。

その前に仮想通貨取引所の登録ですね。

こちらで初心者にお勧めの取引所・販売所を紹介しています。
【仮想通貨取引所】初心者におすすめする、鉄板はここ

お得に始める方法も紹介しています。
ビットコインが無料で貰えたりもするので、是非その方法で進めて下さいね。
仮想通貨のやり方、お得に始める方法!

ビットコインを入手するなら無料配布を利用!

今期間限定で、

●仮想通貨の基礎知識
●仮想通貨を無料でお得に始められる方法
●無料でビットコインが手に入る方法

をまとめた、無料レポートをプレゼントしています。
期間限定なので、お早めに手に入れて下さいね。
以下の画像をクリックしていただければ、お受け取り頂けます。
↓ ↓ ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のリスク

DMM Bitcoin(ビットコイン) 口座開設、手数料や取り扱い通貨は?

仮想通貨のリスク

仮想通貨の始め方。稼ぐにはもう遅い?

仮想通貨のリスク

アルトコインは日本国内取引所ならどこで買う?

仮想通貨のリスク

「仮想通貨の保管方法5つのウォレット」

仮想通貨のリスク

リップルの買い方、ビットフライヤーでの取り扱いは?

仮想通貨のリスク

仮想通貨の買い方3つを覚えて下さい。